引越し・転居の荷造り

引っ越し料金が50%オフの裏ワザ!?

引っ越し料金が50%オフになるケースも!
今スグその方法を見る→→料金が50%割引の裏ワザ!?

引越し・転居の荷造り…基本はダンボール箱

引越し・転居するためには、まず荷造りが必要です。
家財道具や荷物を運搬に耐えられる状態にしなくてはいけません。
もっとも一般的でスムーズなのが、ダンボール箱の利用です。
衣類、食器、書物、小物などをダンボールにつめるだけでよいので手軽です。
その際、気をつけなくてはいけないのが食器などの割れ物です。
割れ物は新聞紙やプチプチの緩衝材などで個別にくるんだ上でダンボール箱に詰めます。
カップの取っ手など、壊れやすいので念をいれておきましょう。

ところで、ダンボールをどこで入手するか?

近所にスーパーなどの商店がある場合は、事情を話せばたいてい不要なダンボール箱を分けてくれます。
野菜の入っていたダンボールの場合、底に穴が空いているのもあるので要注意
強度的には、ジュース類が入っていた箱がイケます。
また、インスタントラーメンなどの梱包に使われていた箱なども手頃です。
ただ、あまり大きな箱だと、荷物が重たくなりすぎるので気をつけましょう

梱包資材としてホームセンターなどで購入することもできます。
そのほうが「同じサイズ」「同じ強度」のダンボール箱を揃えやすいですが、当然、「無料」というわけにはいきません。

本を入れる箱、クッションを入れる箱は違う

ダンボールに家財道具を詰め込むにしても、重さや大きさはみんなちがいます。
たとえば、本や書籍は重たいです。
本を大きな箱に入れると運ぶのがたいへん
そこで、わりと小振りのダンボール箱が便利になります。

それと逆に、サイズ的に嵩張るわりに重さが軽いものもあります。
ぬいぐるみ、クッションなどがそうですね。
そういったものを入れるダンボール箱は強度的には妥協してもよいので、大きめの箱が便利
ドラッグストアなどから、ティッシュペーパーが梱包されていたダンボール箱などが入手できればいいですね。

引っ越し・転居を格安・スムーズに!メニュー

引っ越し・転居を格安・スムーズに!リンク