引っ越し・転居の荷運び

引っ越し料金が50%オフの裏ワザ!?

引っ越し料金が50%オフになるケースも!
今スグその方法を見る→→料金が50%割引の裏ワザ!?

引っ越し・転居の荷運び

引っ越しの準備…荷造りを事前に準備したとして、その荷物を運ぶ作業が待っています。
もちろん、作業そのものは「荷運び」ですから、自分で行うこともできます。
ただ、量や重さなどから「自分ではムリ」という場合もあるでしょう。
さらに「仕事が忙しくて、作業日程を自分では組めない」という人もいるでしょう。
その場合、荷運び作業を引っ越し業者、あるいは運送業者などに依頼することになります。
ウィキペディアによれば、以下の人は引っ越し業者におまかせのケースが多いということ。

---------------------------
* 転居先が遠距離
* 数人の家族で、荷物が多い
* 大型の家具、家電製品がある
* 体力に自信がない
----------------------------

では、「自分でやる派」はどんな人かというと…

----------------------------
* 転居先が遠距離
* 数人の家族で、荷物が多い
* 大型の家具、家電製品がある
* 体力に自信がない
-----------------------------

という人なのだとか。

引っ越し・転居、自分でやる場合は…

「自分でヤル派」の引越・転居のやりかたとしては、近い…たとえば同じマンションの3階から8階、とかいう場合は台車でゴロゴロ運ぶのもアリでしょう。
そうでない場合は、

「自分の車で運ぶ」
「友達の車で運ぶ」
「レンタカーを借りる」

ということになります。
人手は「家族・友人・知人」となり、費用は「その人たちへのお礼」ということですね。
「お礼」はどれくらいか、というと、「夕食をおごる」程度で済むケースが多いと思いますが、「予想外に出費がかさんで、結果的には業者へ頼むのと同じくらいお金がかかった」という人もいます。

自分でやる、にしても、そのあたりは「計画的」に、が肝要です。

格安の引越業者を見つけるには?

引越し業者の引っ越し料金は各社によってことなります。
また、サービスも細かいところではことなります。
業者によっては、「平日が特別割引き」だとか、「ダンボール箱50箱が無料」とか、いろいろな特典があったりもします。
理屈でいえば、そういうのも含め、1社でも多くの業者から相見積もりを取り寄せればよい=格安・激安の業者が見つけられるわけです。
しかし、引っ越し時はただでさえいろいろと忙しいもの。
なかなか「複数の業者の見積もりをとる」作業自体も負担になります。
そこでおすすめなのが、「引っ越し業者一括見積もり」です。
数十社、百社、130社といった数多くの業者の引っ越し料金を一括で見積もりできれば、どんなに楽でしょう。

引っ越し・転居を格安・スムーズに!メニュー

引っ越し・転居を格安・スムーズに!リンク